簡単に芝張りができる|芝を敷いて庭造りを楽しもう

ウーマン

庭に芝を植える

芝刈り機

芝張りをすることによって、家の庭などを綺麗にみせることができます。敷き方を変えるだけで費用をやすく抑えることができ、早く芝張りをすることができます。その中にはべた張りという方法があります。べた張りはマットのようなものに芝が植えてあるので、庭などに敷くだけで簡単に芝張りをすることができます。二列目からは半分づつずらして敷くとレンガのような柄になり、オシャレに芝張りができ、敷くだけでいいので手軽に芝張りができます。目地張りとうい方法ではマットに生えた芝生を3センチ前後の感覚に隙間を空けて敷く方法があります。碁盤の目を一つ毎に敷いていき、時間が経てば隙間にも芝生が生えてきます。全面芝生になるまで長い時間がかかるので、すぐに芝張りが必要ではない人に向いているでしょう。また、部分的に敷くだけなので費用も安く済みます。庭が広い場合は筋張りという方法があり、ボーダーラインのように敷きます。この方法だと長期間かかり、雑草などの手入れも必要になります。しかし全面に敷くよりも経済的な負担が少なくなるので、お財布にもやさしいです。芝張りをする時に気をつけなければいけないのがあります。十字に張ってしまうと雨が降った際に隙間に沿って雨水が溜まり、せっかく敷いた芝が流されてしまう可能性があるので注意しましょう。しっかりした芝生を生やすためには、芝張りには目土とうい作業が必要です。芝生と芝生の間に目土で目地が隠れるようにします。最後に芝生全体に水を撒く必要があります。根本に確実に届くようにたっぷり与えることがポイントです。

雑草を処分しよう

はさみと鎌

雑草は放置しておくとどんどん成長し、せっかく咲いた植物や花を枯らしてしまいます。草刈をすれば庭も綺麗になり虫が寄ってくることもないので快適に過ごすことができます。

» 詳細

雑草を抜くコツ

草

雑草は根っこから取らないと永久的に生えてきて、その度に手入れをしなければなりません。抜いた後も大量にゴミがでるので後片付けも大変になるのでちょっとしたコツを掴んでおくと楽に草むしりをすることができます。

» 詳細

木を切る目的と手法

複数の木

間伐はただ木を切るのではなく、全ての木に栄養にがいくように考えられています。これをすることによって健康な木を長く生かすことができ、間伐した木をいろいろなものに再利用されることもあります。

» 詳細